明延近代鉱山研究所

 平成19年11月30日に明延鉱山の探検坑道、明神電車、第一浴場が国の近代化産業遺産に認定されました。明延鉱山が閉山して22年が過ぎ、今、鉱山に関心が高まってきています。しかし、今後、わが国で新たな鉱山が開発されるような動きはなく、日本の鉱山が過去のものとなってきています。
 私たちは、明延鉱山が残した貴重な産業遺産や資料等を調査・研究し、その成果を広く公開し、地域社会に還元することを目的に明延近代鉱山研究所を設立します。

(1)明延鉱山の産業遺産等の保全・活用のための調査・研究
(2)鉱山に関する講演会、シンポジウム、フォーラムの開催
(3)鉱山に関する研究図書等の発行
(4)鉱山の産業遺産を活用した地域づくりの研究

〒667−0436
兵庫県養父市大屋町明延
明延ミュージアム「第一浴場」内
明延近代鉱山研究所



Copyrightc 2008-2009 鉱石の道明延実行委員会 All Rights Reserved