明延鉱山ガイドクラブ

明延鉱山ガイドクラブは、明延鉱山の歴史や文化、産業遺産などを研究し、その魅力を紹介していくことで、日本の鉱山が果たしてきた役割を次代へ伝え、地域の発展に寄与することを目的としています。

明延鉱山ガイドクラブでは、以下の事業に取り組んでいます。
1)あけのべ自然学校と提携して、明延鉱山探検坑道(旧世谷通洞坑)のガイドを行う。
2)国の近代化産業遺産である、「一円電車」「探検坑道」「第一浴場」を始め、明延地域の産業遺産等のガイドを行う。
3)ガイドクラブ会員の資質向上を図るために、学習会、視察研修を行う。

平成25年度但馬産業大賞 
   「観光・交流資源を活かしたツーリズム部門」を受賞

 すぐれた技術やサービスで地域の発展や地域経済の活性化に貢献したということで、
 明延鉱山ガイドクラブが但馬産業大賞「観光部門」を受賞しました。
 3月25日(火)ブルーリッジホテル(豊岡市)にて表彰式に出席しました。
     

第2回ひょうご観光ボランティア発表会 受賞
平成21年2月20日(金)13:30から、神戸の兵庫県県民会館11Fパルテホールにおいて開催されました、第2回ひょうご観光ボランティア発表会で、明延鉱山ガイドクラブ会長、藤尾賢介氏がガイドクラブを代表して明延鉱山の魅力を紹介し、日頃の案内業務の腕を披露。審査員だけでなく、参加した他の地域のボランティアガイドの皆さんをも魅了することになりました。
その結果、見事「魅力あるツーリズム賞」及び「奨励賞」を受賞!!!
この場をお借りして、応援していただいた皆様方にご報告させていただきます。
  

ひょうごツーリズムガイド この人に会いたいひょうご名物ガイドに紹介
平成21年6月22日(月)、ひょうご観光ボランティア発表会受賞者 藤尾会長が取材を受けました。
”ひょうご名物ガイド”としてひょうごツーリズムガイドに紹介されています。



Copyrightc 2008-2009 鉱石の道明延実行委員会 All Rights Reserved