明延鉱山(あけのべこうざん)

 明延鉱山は、今から約1260年前の天平年間に開山していたとされ、奈良・東大寺の大仏鋳造にも明延鉱山産出の銅が献上されたという
言い伝えもあります。明治政府の誕生とともに官営となり、明治29年(1896年)に三菱合資会社に払い下げられました。明治42年(1909年)
に錫鉱を発見し、「日本一の錫の鉱山」として発展しました。
 大正8年(1919年)神子畑に新選鉱場を建設。昭和27年(1952年)三菱金属鉱業株式会社に社名変更。昭和51年(1976年)明延鉱業
株式会社として独立。主に銅、亜鉛、錫などを産出。昭和62年(1987年)、円高と金属価格の下落により、地下に多くの鉱量を残しながら閉山
しました。

明延鉱山探検坑道の見学については、施設案内の探検坑道をご覧下さい。




Copyrightc 2008-2009 鉱石の道明延実行委員会 All Rights Reserved