福王寺は、鎌倉・康暦・応仁・大永の古事記に名を留められてはいますが詳細は不明です。明暦元年(1655年)「舜海」法印が現在の地に堂宇を造営したことから、開祖・創建確実な歴史が始まります。 享保8年(1723年)「宥慧」法印が本堂を再建しました。現在の本堂で既に280余年を経ます
「柱ハ凡テ欅ニシテ門野村新田ニアリシ一本の大欅ニシテ調ヘシモノナリ」
と記録も残ります。
以来、歴代住職のご配慮、篤信徒のご尽力によって内外充実し寺門興隆、現在に至っています。 5月の連休の頃になると、裏庭に咲く平戸(ひらど)つつじが見ごろになります。
福王寺本堂 (1723年(享保8年)に再建されて現在に至る)


宗  派  高野山真言宗 アクセス地図
御本尊  阿弥陀如来・・金箔立像仏(県指定文化財)
創  建  不明 (1723年本堂再建)
御真言  おん あみりたていせいから うん
所在地  兵庫県養父市大屋町中635番地
現住職  北垣了幹
電 話  079-669-0322
交通   交通機関: 
  山陰本線八鹿駅から全但バス「大屋方面」
  行き乗車。「中村上」下車。徒歩約5分
  自動車:
  北近畿豊岡道「氷ノ山八鹿IC」下車
  国道9号線「剣大橋」から大屋方面へ
  ここから約5分


献体のご供養させていただきます。 詳しくは下記までご連絡下さい。
                 連絡先:090-3358-5635
 
 


お参りの際には事前に連絡をお願いします。
 電話番号 079-669-0322