タイトル画像

トップページへ旧トップページへ         「ちょっとまえの丹馬」へ「ちょっとまえの丹馬」へ
「もっとまえの丹馬2009」へ「もっとまえの丹馬2009」へ    「もっとまえの丹馬2008」へ「もっとまえの丹馬2008」へ
「もっとまえの丹馬2007」へ「もっとまえの丹馬2007」へ    「もっとまえの丹馬2006」へ「もっとまえの丹馬2006」へ

2010年12月18日(土) 「第40回 たんたん落語会」
平成2年に「第1回」を開催してからちょうど20年が過ぎました。こうして第40回が開催でき
るのも、お客さまの支えがあってこそ!と喜んでおります。今回のご芳名カードを見ると、約
8割のお客さまが2回目以上の、いわば常連のお客さまで、2割のお客さまがはじめてご来
場の方でした。市町別では約50%のお客さまが和田山町の方でしたが、朝来市、養父市だ
けでなく、村岡町、出石町からも来ていただき、遠くは姫路市から来ていただいておりました。

第40回たんたん落語会

2010年12月12日(日)午後 「豊前川崎ゆらり亭」
第3弾は、好朝さんたちが始められた「豊前川崎ゆらり亭」の第4回目の公演にゲスト出演。
川崎駅前にできた「ギャラリーゆらり」の1周年記念興行です。狭い会場にぎっしりのお客さま。
来賓の挨拶から笑いが起こり、楽しい雰囲気の中で気持ちよく演じさせていただきました。
地域に根づいた活動を地道にやっておられる好朝さん、小いもさん、遊歩さんに大きな拍手を
送りたいと思います。充実の2日間、満足の2日間。往復1300kmの旅は、楽しい旅でした。

豊前川崎ゆらり亭

2010年12月12日(日)午前 「第41回 ゆりっくす日曜百円寄席」
第2弾は、宗像市のユリックスで毎月第2日曜に開催されている「ゆりっくす日曜百円寄席」に
出演です。睡眠不足とネタおろしの不安でからだがフワフワしていました。ただでさえ緊張する
ゲスト出演の落語会でネタおろしとは、ちょっと無謀だったかもしれませんが、何とかトリの責任
を果たせたのではないかと思います。正直、ホッとしました。しかし、感情移入が強すぎて、演じ
ながら涙を流してしまったことは反省。どうも、福岡で人情噺をやると涙が出てしまうようです。

ゆりっくす百円寄席

2010年12月11日(土) 「年忘れ大爆笑・ミリカ寄席」
福岡県にご招待いただきました。9時間かけて車で福岡へ。2日間で3か所公演の第1弾は
那珂川町ミリカローデンで開催の「年忘れ大爆笑・ミリカ寄席」〜おもしろアマ落語家競演会〜
というサブタイトルつきです。昨年も、ミリカローデンにお邪魔しましたが、そのときは出番なし。
反応のいいお客さまの前で演じる仲間の落語を指をくわえて見ていましたが、今回は中トリ。
お客さまにも喜んでいただきましたが、一番楽しかったのは自分かも。打ち上げも楽しく、
美味しく、気がついたら深夜0時になっていました。まず第1弾は、大満足の落語会でした。

ミリカ寄席

2010年12月1日(水) FMジャングル出演
6か月ごとにお邪魔しているFMジャングルに出演。来年1月8日(土)の「第11回ふれ愛亭」
のお知らせが中心ですが、ついでに、「第40回たんたん落語会」の宣伝もさせていただきました。

FMジャングル

2010年11月27日(土) 豊岡市立静修小学校「教育講演会」
「静」かに「修」めるとは、いいネーミングです。豊岡市立静修小学校にお招きいただきました。
PTA主催の「教育講演会」。タイトルは堅苦しいですが、みんなで笑って、気持ちを穏やかに、
健やかに楽しく子育てをしましょうということだと理解して、お邪魔いたしました。3〜6年生の
児童数は合わせて38人ですが、「オープンスクール」ということで保護者の皆さんや地域の皆
さんもたくさん来ていただきました。子どもたちも落語の世界に入り込んで、とっても反応よく
笑ってくれました。想像力豊かな子どもたちに助けられて、気持ちよく演じることができました。

静修小学校

2010年11月21日(日) 豊岡市日高町「八代区健康講座」
笑いは健康のみなもと!笑って健康になりましょう!というわけで、最近、「健康講座」にお招
きいただくことが多くなってきました。日高町八代区には初めてお邪魔しました。これまで遠く
に感じていましたが、トンネルができてずいぶん近くなっていてびっくり。お天気が良過ぎて、
皆さんお出かけになったようで、22人のお客さまで主催者はやきもきされていましたが、我々
は大丈夫です。お客さまの人数にはこだわりません。これからもちょくちょくお声掛けください。

日高町八代区健康講座

2010年11月14日(日)午後  「第31回 八鹿病院寄席」
今回の出演者は、尼乃家河鹿と春歌亭丹馬の2人だけ。掲示板の「丹馬・河鹿二人会」という
ポスターを見てテンションが上がりました。いろんな落語会をやってきましたが「二人会」という
名称は初めてです。お客さまは男性が多かったせいか、ちょっと反応が薄かったのですが、
終わってからのお客さまの声は「面白かった」、「上手いなぁ」。嬉しいです。6年目も頑張ります。

第31回 八鹿病院寄席

2010年11月14日(日)午前  豊岡市「上陰区敬老会」
豊岡市上陰区の敬老会にお声掛けをいただきました。五荘公民館はこれまでに何度もやらせ
ていただいている会場ですので、勝手知ったる何とやら。テキパキと準備したつもりでしたが、
メクリ台を忘れてしまって、何だか間の抜けた高座になってしまいました。申し訳ない。反省。

上陰区敬老会

2010年11月13日(土)夜  養父市上野「上野区民文化祭」
養父市上野の区民文化祭には3年ぶり4度目のご招待です。元・職場の同僚、昔の教え子、
教え子の保護者の皆さんなど、知り合いが多いのですが、やりにくいなんてことは一切なし。
とにかくよく笑ってくださいます。今日3箇所目の高座を気持ちよくつとめさせて頂きました。

上野文化祭

2010年11月13日(土)午後  豊岡市立福住小学校「オープンスクール」
豊岡市出石町の福住小学校に初めてご招待をいただきました。児童数150余人で、但馬の中
では大きいほうの小学校です。小学1年生から地域のお年寄りまで、幅広い年齢層の皆さんに
楽しんでいただくのは、なかなか大変です。最初からノリノリの1・2年生、とっても元気でした。
初めてナマの落語を聴くという子どもたちが多かったようです。落語に対していいイメージを
もってくれてたらいいのですが、どうだったでしょうか? 掲示板に感想を書き込んでくださいネ。

福住小学校

2010年11月13日(土)午前 「ことぶき苑祭」
豊岡市日高町の老人ホーム・ことぶき苑の「ことぶき苑祭」に、昨年に引き続きお邪魔しました。
利用者の皆さんだけでなく、ご近所の方も一緒になって大いに笑っていただきました。
こういう交流がとってもいい刺激になるんだと思います。大勢の方にご来場いただきました。

ことぶき苑祭

2010年10月30日(土) 豊岡市竹野町「三原谷の川の風まつり」
豊岡市竹野町の三原谷で行われている「川の風まつり」というイベントにご招待いただきました。
廃校になった旧大森小学校を会場に、3日間、レストランやギャラリー、ふれあい市場、そば打ち
体験など、盛りだくさんの内容です。ギャラリーは東京などから来られた4人の現代美術作家が
旧教室を異空間に変えておられたり、我々の後には、伝承料理研究家・奥村彪生さんの講演が
あったり・・・。何にもない田舎の、田舎だからこその、パワフルな催しです。元気をもらいました。

川の風まつり

2010年10月24日(日) 豊岡市「上鉢山区敬老会」
3年ぶりに豊岡市上鉢山区の敬老会にご招待をいただきました。過去のネタと重ならないように
と思いながらネタ帳を見て今回は「ときうどん」をやることに。最初にいつもの「笑いの準備体操」、
最後に河鹿さんの「頭でピアニカ」と丹馬の「ジョランペット」の演奏?で、よく笑って頂きました。

上鉢山区敬老会

2010年10月9日(土) 「第38回 秋風亭てい朝の落語をぶつ会」
てい朝さんの落語会に、また呼んでいただけました。千艘さんはほんとにありがたい存在です。
開口一番の役割をきちんと果たしてくださり、会場は最初から温かくいい雰囲気になりました。
やん愚さんもツボツボできちんとウケるし、てい朝さんの「時そば」、栄歌さんの「月に群雲」と
続けば、落語会の雰囲気は最高潮。丹馬の「粗忽長屋」というある意味危険なネタも、おかげで
お客さまにすんなり受け入れていただいた。2時間半の落語会のあと、5時間に及ぶ打ち上げ。
"ぶつ会"の由来通り、落語談義に花が咲き、学生時代に戻ったような心地良いひとときでした。

第38回秋風亭てい朝の落語をぶつ会

2010年10月2日(土)夜 養父市葛畑「秋祭り宵宮」
養父市葛畑の農村歌舞伎で有名な歌舞伎舞台で落語をさせていただきました。暗闇の中に
色鮮やかな歌舞伎舞台が浮かび上がります。ここで落語をするのは、おそらく私が史上初。
演者は茅葺屋根の下、お客さまは屋外という、慣れない高座でした。自分の声が暗闇に吸
い込まれていくような不思議な感覚。マエストロの音曲がよくウケました。今夜は宵宮です。

葛畑秋祭り

2010年10月2日(土)午前 「ふれあいフェスタin但馬2010」
学校厚生会の事業「ふれあいフェスタin但馬」に出演させていただきました。笑うこと、歩くことは
免疫力をアップする!といいますが、このイベントはまさにそれ。落語で笑っていただいたあと、
午後からは小久保晴代さんによるウォーキングの講話と実技もあり、健康にいいイベントでした。

ふれあいフェスタin但馬

2010年9月25日(土) 豊岡市日高町「観音寺地区敬老会」
豊岡市日高町の観音寺地区の敬老会に初めてお招きいただきました。以前なら我が家から
車で40分くらいかかるところですが、珍坂トンネルができたおかげで10分ほどで到着しました。
こんな近いところなら、いつでもすぐにお伺いいたしますので、またお声掛けください。

観音寺地区敬老会

2010年9月20日(月・祝)午後 豊岡市「江本区敬老会」
江本会館は以前「たんたん落語会」の会場としてもお世話になった、いわばホーム・グランド。
落語好きのお客さまが多いのか、ツボツボできっちり笑ってくださり、気持ちよくつとめました。
「楽しかった」「面白かった」「来年もお願いします!」なんて、嬉しい言葉をかけてもらいました。
今日の敬老の日は3会場で計5席。1日に5席やったのはおそらく初めて。充実の1日でした。

豊岡市江本区敬老会

2010年9月20日(月・祝)午前 豊岡市「本区長寿をお祝いする会」
朝一番に高座をつくっておきましたので、到着次第、すぐに噺が始められます。両会場のご協力
のおかげで、やや余裕をもって到着することができました。本区からは初めてのお招きです。
欅山荘という由緒ある建築物の本区会館で初めての高座でしたが、よく笑っていただきました。

豊岡市本区敬老会

2010年9月20日(月・祝)午前 豊岡市「今森区敬老会」
高速道路の渋滞で愛知県津島市から帰宅したのは深夜でしたが、翌日は3連続の敬老会。
まずは、豊岡市今森区の敬老会です。嬉しいことに、4年連続でお招きいただいています。
小ん南・丹馬で2席ずつ。高座を終えてすぐに本区に移動。ハラハラドキドキの掛け持ちです。

豊岡市今森区敬老会

2010年9月19日(日) 愛知県津島市「素人名人会inアイプラザ」
午前中は酔書さんと一緒に周辺を観光し、11時に会場入り。会場の津島勤労福祉会館・
アイプラザの講堂はキャパ496人の大きなホール。事前に無料の入場整理券が2000枚
出回ったそうですが、果たして何人のお客さまがご来場くださるのか、さっぱり未知数です。
しかし、そんな心配は無用でした。開演前に長蛇の列ができておりました。開口の夢輔さん
からよく笑っていただき、温かい雰囲気を感じながら楽しく高座をつとめさせてもらいました。
こんな気持ちのいい会場でやらせていただいて嬉しい限りです。ありがとうございました!

素人名人会inアイプラザ

2010年9月18日(土) 愛知県津島市「素人名人会in瑞泉寺」
津島市に初めてお邪魔し、社会人落語「楽語の会」の皆さんとご一緒させていただきました。
翌日の「つしま落語まつり・素人名人会」のプレ・イベントとして、まずは「瑞泉寺」で落語会。
「楽語の会」の皆さんの落語に対する真面目な情熱が素晴らしいし、予定された持ち時間を
きちんと守る律儀さも素晴らしい。また、支えてくださるスタッフの皆さんの人柄も素晴らしい。
「いいなぁ。こんな集まり」・・・と思いながら、気持ちよく高座をつとめさせていただきました。

つしま落語まつり・素人名人会in瑞泉寺

2010年9月12日(日)午後 「第30回 八鹿病院寄席」
午後も、前日の落語会の出演者・下座のメンバーがそのまま、今度は八鹿病院に移動し、
また、15分ずつの持ち時間で「八鹿病院寄席」に出演。出演順もあみだクジで決定です。
記念すべき30回目の公演は、史上最多の5席。6年目に突入した「八鹿病院寄席」ですが、
ナマのお囃子が聴けるのは今回が2回目。短く、仕草が多く、笑いの多い噺がウケるみたい。

第30回 八鹿病院寄席

2010年9月12日(日)午前 豊岡市「京口区敬老会」
3年連続でお邪魔しています。昨年と同様に、前日の落語会の出演者・下座のメンバーが
そのまま豊岡市京口区に移動しました。15分ずつの持ち時間で5人の高座をお楽しみいた
だきました。出演順は、ちょっと遅めのハードな朝食を食べながら、あみだクジで決めました。

豊岡市京口区敬老会

2010年9月11日(土) 「第10回 丹馬とその仲間たちの落語会」
今日が体育祭の中学校、明日が運動会の小学校もありました。今日、稲刈りをしてクタクタと
いう人もいました。加えて、この暑さ。だれも表に出かけたがりません。そんな中、ご来場いた
だきました皆さまには、ただただ感謝です。まきぞうさんの三味線、栄歌さんの笛、玄張さん、
小ん南さんの太鼓、ナマのお囃子は、ほんとに気持ちのいいものです。芸乃虎や志さんと河
鹿さんの頭でピアニカには拍手喝采でした。次回は、もっとたくさんのお客さまにご来場いた
だけるよう、実施日、時間帯、会場も含めて、いまからじっくりと計画を練りたいと思います。

第10回 丹馬とその仲間たちの落語会

2010年8月22日(日) 加西市「西在田地区ひとり暮らし老人のつどい」
加西市の小規模多機能型居宅介護事業所「どっこいしょ」からお声掛けをいただき、はじめて
加西市にお邪魔しました。市や市議会からの来賓、さらには衆議院議員までご挨拶に・・・・・。
いつもの「笑いの準備体操」の前に「健康体操」もあり、小噺合戦から始めて、笑いの多い噺で
大いに笑っていただきました。これを機会に、また活動範囲が広がりそうで、嬉しく思います。

どっこいしょ

2010年8月1日(日) 「第3回 さんあい亭全国素人落語名人会」
9時半に大屋発。少々ハプニングもあり、予定より30分遅れて三木市立市民活動センターへ。
音合わせの最中からお客さまがどんどん入って来られて、結果的に準備風景を公開しました。
こちらも過去最高の約150人のお客さまにご来場いただきました。スタッフの皆さまに感謝!
開口の玄張さんからトリのてい朝さんまで笑いが絶え間なく起こり、最後はきちんと聴かせる
噺で、落語三昧の3日間を締めくくっていただきました。遠方からお出でくださった出演者の
皆さま、ありがとうございました。ご来場のお客さま、来年も必ずやります。・・・お楽しみに!

さんあい亭全国素人落語名人会

2010年7月31日(土) 「第4回 落語inおおや!全国素人名人会」
開場1時間前の12時半に早くもお客さまがご来場。暑い所で待っていただくのは申し訳ないと、
隣の地域局内へご案内。スタッフの心遣いが素晴らしい。舞台づくり、音響、宣伝、打ち上げ・・・
スタッフの皆さんのおかげでこの落語会が運営されています。ほんとうに感謝!感謝!です。 
前回の評判がとてもよかったためか、お客さまの数は過去最高です。満席となり、後方に座布団
を敷いて座っていただくお客さまも出ました。    当日の様子は こちら にも紹介しています。

第4回落語inおおや!全国素人名人会

2010年7月30日(金) 落語inおおや!前夜祭「出前落語会・上山」
上山会場の開演は午後7時45分。小ん南さんの噺が終わる前に河鹿さんが到着できた様子。
丹馬は途中3箇所で鹿と遭いましたが、立ち往生することもなくスムーズに上山公民館に移動。
小ん南さんの噺は聴けませんでしたが、河鹿さん以降の出演者の噺はじっくり拝聴できました。
さすがです。お客さまは20人弱ですが、もっと大勢いらっしゃるように思うほどよくウケています。
終演後、あゆ公園のコテージで心地よい疲労感を味わいながら、落語談義に花を咲かせました。

出前落語会・上山

2010年7月30日(金) 落語inおおや!前夜祭「出前落語会・横行」
「落語inおおや!全国素人名人会」の前夜、午後7時から大屋町横行公民館で出前落語会。
横行地区の約20軒の住民の皆様の大半にお集まりいただきました。出演者が高座に上がり、
お辞儀をすると、お客さま皆さんが深々とお辞儀をされているというご丁寧で素直な皆さまです。
「待ってました!」「大統領!」の掛け声を稽古したら、すべての出演者に声を掛けてくれました。
出演者は自分の出番が終わると、着物のままスタッフの運転する車で、すぐに上山会場へ移動。

出前落語会・横行

2010年7月24日(土) 「第10回 ふれ愛亭」
記念すべき10回目の「ふれ愛亭」は、大阪から五月家ちろりさんをゲストに迎えて開催しました。
河鹿さんとちろりさんの、アマ女性落語のトップクラスの共演は見応え、聴き応えがありました。
連日の35℃超えの猛暑でお客さまの入りがいつもに比べて少なめでしたが、出演者一同熱演。
笑年団のメンバーが忙しくて出演者が少なく、今回は出演者全員による小噺合戦を行いました。
冬は昼のほうがいいということで午後2時開演にしましたが、夏はやはり夜のほうがいいのかな?

第10回ふれ愛亭

2010年7月18日(日)昼 「全国アマ落語競演会 in 西条」
西条市東予北地域交流センターホールでの公演。出番がないので脇でじっくり聞かせてもらった。
番組内容も、出演者の出来も、ともに今年の四国大落語祭の締めくくりに相応しいものでした。
夜は、昨年と同様。伯方島の「光藤」で大宴会。落語三昧の2泊3日が幕を閉じました。

西条チャンピオンカーニバル

2010年7月18日(日)朝 「全国アマ落語競演会 in 西條神社」
キティちゃんのお守りで知られる西條神社での落語会。昨年に続き、丹馬は2度目の出演です。
今回は、中学1年生の小う志くんの開口に続いて、高校教員2人と医者2人の出演となりました。
丹馬は「粗忽長屋」。まだまだ改良の余地がありそうだが、使えるネタになりそうな感触を得ました。

西條神社

2010年7月17日(土)夜 「アマ落語競演会inにいはま〜玉手箱寄席〜」
「アマ落語競演会inにいはま〜玉手箱寄席〜」と銘打ち、何が飛び出すかわからないという寄席。
抽選で出番が決まり、与えられた時間内でおさめなければなりません。また、ネタがつくのを避け
なければならないので、後の出番の演者ほど苦しいはず。しかしながら、百戦錬磨の出演者の
皆さんは、苦しさを感じさせず、しっかり高座をつとめました。一般のお客さまは楽しめたのかな?

玉手箱寄席

2010年7月17日(土)昼 「新居浜ユネスコ寄席」
余裕をもって新居浜市民文化センターへ移動。初参加のちろりさん、緊張していると言いながらも
堂々と「堪忍袋」を演じきったのはさすが。虎や志さんの「体操」、酔書さんの「紙切り」もあり、
変化に富んでいてお客さまを飽きさせない番組。丹馬は「崇徳院」。予定時間内で終了。

新居浜ユネスコ寄席

2010年7月17日(土)朝 「どんでん寄席」
今年も四国大落語祭に参加させていただきました。予定より1時間早い3時に目覚め、四国へ。
まずは、どんでんどんでの「どんでん寄席」で四国大落語祭2010が開幕。新作落語が多めで、
時間も15分程度の噺が並び、中入りなしでも疲れることなく楽しめる番組編成でした。

どんでん寄席

2010年7月11日(日) 「第29回 八鹿病院寄席」
2か月に1回のペースでやってきて丸5年になります。新型インフルで1回中止になりましたが、
それ以外はフル出演。まだまだ手探り状態で、喜んでいただくためにもっと工夫が必要ですが、
これからもずーっと続けていこうと思います。今回は短い落語2席と音曲でお楽しみ頂きました。

第29回八鹿病院寄席

2010年7月4日(日) 養父市八鹿町「龍蔵寺・秋葉さんのおまつり」
養父市八鹿町九鹿の龍蔵寺で、秋葉さんのお祭りがあり、ご招待いただきました。秋葉さん
といえば、落語では「牛ほめ」にも登場する火の神様。一瞬、ネタは「牛ほめ」にしようかなと
思いましたが、縁起のいいところで「火焔太鼓」。お客さまが近所の方々なのでやりにくい。

養父市八鹿町九鹿 龍蔵寺

2010年7月3日(土) 「第39回たんたん落語会」
ついに20年目を迎えました。今回は、神戸から隣乃玄張さんがゲスト出演してくれました。
えん童くんが笑年団のリーダーとして活躍。お客さまのアンケート結果を見ると、出演者が
それぞれ持ち味をよく発揮していたようで、かなりいい評価をいただきました。嬉しいですね。
次回はいよいよ40回記念です。何か特別な企画を考えますかねぇ。有料入場者数146人。

第39回たんたん落語会

2010年7月3日(土) 「FMジャングル」出演
7月24日(土)の「第10回ふれ愛亭」のご案内のため、FMジャングルに出演させてもらいました。
小ん南さんと二人で、毎度お馴染みの小噺を3つずつ。今回は、流行のなぞかけも披露しました。
7月24日(土)は午後2時開演、会場は豊岡駅前アイティ7Fの市民プラザ、ほっとステージです。

FMジャングル

2010年6月27日(日) 「豊岡市一日市区敬老会、世代間交流会」
豊岡市一日市区の敬老会、世代間交流会にご招待いただきました。昨年に続いて2回目です。
昨年と同じ、「笑いの準備体操」→「落語」→「みんなで合唱」→「音曲」→「落語」というパターン。
このパターンはとっても和やかに、いい雰囲気になります。お客さま参加型の落語会です。

一日市区敬老会

2010年6月20日(日)夜 「豊岡市日高町清滝地区健康教室」
豊岡市日高町の清滝地区公民館で、「日高健康をすすめる会健康教室」が行われました。
「落語・笑いで健康づくり」と題して口演。健康的な老若男女の皆さん、約50名が参加されました。
大いに笑っていただきましたので、かなり免疫力がアップしたはず。

清滝地区健康教室

2010年6月20日(日)昼 「豊岡市五荘ことぶき学園」
豊岡市の五荘公民館の「五荘ことぶき学園」に講師としてお招きいただきました。
学園というだけあって、まずは学園歌から始まります。学習意欲に富んだ皆さんですので、
反応もとてもよく、大きな声で笑っていただきました。きょうは父の日。お父さんたち、お元気で!

五荘ことぶき学園

2010年6月19日(土) 「豊岡市立三方小学校PTA教育講演会」
豊岡市日高町の三方小学校PTAの教育講演会に講師としてお招きいただきました。
河鹿さんのドキュメンタリー番組「笑いのあふれる人生を」が上映されたあと、小噺と落語2席。
会場には、幼稚園児から地域のお年寄りまで幅広い年齢層のお客さま。子どもにもお年寄りにも
笑っていただける噺や話し方って難しいですね。多くの子どもたちにとっては、初めての落語との
出会い。第一印象を大事にしたいと思ってお喋りしました。手作りの紫陽花の花束も頂戴しました。

三方小学校PTA教育講演会

2010年6月6日(日) 「豊岡市旭区敬老会」
2年前にお声がけをいただき、今回が2回目です。お客さまは30人くらいですが、大きな声で
元気良く笑っていただきました。河鹿さんはいつもの「犬の目」。丹馬はちょっと冒険でしたが、
「粗忽長屋」をネタおろし。7月3日のジュピターホールに向けて、まずまずの出来かな?

旭区敬老会

2010年5月30日(日) 「養父市場敬老会」
5月は本業のほうが忙しくて、久しぶりの高座でした。養父市場の敬老会にお招きいただき、
河鹿さんの「犬の目」、丹馬の「ときうどん」・・・落語入門編の2席を聴いていただきました。
ご無理を言って、昼食前の落語にしていただいたのですが、やはり良かったと思います。

養父市場敬老会

2010年5月9日(日) 「第28回 八鹿病院寄席」
きょうは母の日。5月上旬だというのに、真夏のような陽射しの暖かい一日でした。
八鹿病院寄席では、スタッフの方に毎回、洒落たポスターを作っていただいております。
毎回、終了後に掲示板から1枚頂戴して帰っています。今回は、反省点の多い高座でした。
次回にはもっと笑っていただけるよう、工夫してみたいと思います。

第28回八鹿病院寄席

2010年4月24日(土) 「第37回 てい朝の落語をぶつ会」
てい朝さんのありがたく粋なはからいで、広島大学落語研究会のOB4人が久々に集いました。
静岡の赤兵衛さん、福岡の好朝さん、そして兵庫の丹馬が、学生時代を過ごした広島に集結。
広島大学落語研究会は18年前に消滅しましたが、OBはそれぞれ各地で落語を続けています。
互いに芸を磨き、ときどきこうして集まって、第二の故郷の皆さんに喜んでいただけたら幸いです。

第37回てい朝の落語をぶつ会

2010年4月18日(日) 養父市八鹿町「高柳地区敬老会」
嬉しいことに、毎年お声がけをいただいていますので、もうすっかりお馴染みになりました。
私の噺の途中で、おばあさんが座っていた椅子から転げ落ちるというハプニングもありましたが、
それくらい笑っていただいていたのだと、喜んでおります。お怪我がなくてよかった、よかった。

高柳地区敬老会

2010年4月16日(金) 八鹿高校「カラマンダ校歓迎会」
オーストラリアのカラマンダ校の一行15人(生徒13人、教員2人)が八鹿高校にやってきた。
「和の心」を伝えようと、書道、剣道などとともに、姫ちゃん(3年)と笑坊くん(1年)が落語を披露。
もちろん英語で。2人とも流暢な英語で小噺を3つずつ披露し、カラマンダの皆さんを笑わせた。

カラマンダ校来校

2010年4月11日(日) 豊岡市日高町「清滝老人クラブ総会」
今週も豊岡市日高町です。清滝老人クラブ総会にお邪魔しました。表の立派な桜が満開です。
ちょうど桜祭りが行われていました。バザーも出しておられましたが、天候はあいにくの雨。
しかし、清滝のお年寄りは元気。室内では、カラッと陽気な笑い声が響き渡っておりました。

清滝老人クラブ総会

2010年4月4日(日) 豊岡市日高町「堀区敬老会」
豊岡市日高町の堀区の敬老会にお招きいただきました。なんと13年ぶりだそうです。
コミセンが新しくなっていて、私はすっかり失念していましたが、よく覚えていてくださった方も。
今回は落語2席の間にピアニカとジョランペットの演奏をはさんでみましたが、いかがでしたか?

堀区敬老会

2010年3月22日(月・祝) 丹波市「正法寺・春の彼岸会法要」
丹波市の市島町に初めてお邪魔しました。正法寺という立派なお寺の彼岸会法要です。
これまで森乃福郎師匠など、いろいろな噺家さんを呼んでおられるだけに、檀家の皆さんの
反応のいいこと。よく笑っていただきました。落語好きの和尚さんだけあって、お話が上手。

正法寺・春の彼岸会法要

2010年3月14日(日) 「第27回 八鹿病院寄席」
院内放送をしていただいた効果でしょうか、八鹿病院寄席が始まって以来、最高の入りではないか
と思うくらいたくさんの皆さんにご来場いただきました。しかも今回はよく笑っていただきました。感謝!
きっと皆さん、免疫力がかなりアップしたのではないかと思います。次回は5月9日です。

八鹿病院寄席

2010年3月6日(土) 豊岡市「八条地区高年部事おさめ」
豊岡市八条公民館で行われた八条地区高年部の事おさめにご招待いただきました。
大きな地区でたくさんの皆さんにお集まりいただき、大きな声で元気よく笑っていただきました。
笑いの準備体操のあと、落語2・3席、最後はピアニカとジョランペットというパターンが完成。

八条公民館

2010年2月21日(日) 「第12回 なごみ寄席」
2か月に1回のペースで続けてきたサンストーク・アベニュー「なごみ寄席」も今回が最終回。
商店街の活性化に寄与できたのかどうかわかりませんが、ご来場いただいた皆さまにはほっこり
した時間を過ごしていただけたのではないかと思います。機会があれば、またどこかで。


2010年2月20日(土) 豊岡市「菅谷地区公民館開放デー」
豊岡市出石町の菅谷地区の公民館開放デーにご招待いただきました。3年前にもお邪魔した
ことがあります。そのときの写真が飾ってありました。小さな集落ですが、公民館を上手に活用
されて、いろんな行事を開いておられます。昼食を食べたあとみんなで笑っていただきました。
そのあと、句会が開かれ、そこで詠まれた一句    春浅し 爆笑続く 落語会

菅谷地区公民館開放デー

2010年2月14日(日) 養父市「蔵垣区出前寄席」
養父市大屋町の蔵垣区で「出前寄席」を開催していただきました。小ん南・丹馬の二人だけで
たっぷり2時間。バレンタインデーということで、中入りでは、お客さまに甘酒とチョコレートが振る
舞われました。最初から最後まで、ワハハワハハの連続で、名人にでもなったかと錯覚するほど。
演者をのせるのが上手な蔵垣の皆さんでした。こんな落語会が区ごとでできたら最高ですね。

蔵垣区出前寄席

2010年2月13日(土) 「第2回 中八木落語会」
養父市中八木区で「中八木落語会」を開いていただきました。前回は2007年。だから「第2回」。
みんなで集まってワイワイ楽しもうという会です。落語で笑った後は懐かしいフォークソングを
聴きながら、おでんを食べようという趣向。このおでんがまた美味しい。前回はうどんでしたネ。
寒い夜に温かいおでんと温かいお心遣いで、からだも心もほっこり。ぜひ、「第3回」もやりましょ。

中八木落語会

2010年1月17日(日) 養父市国木区「新春芋煮会」
養父市国木(くぬぎ)区の「2010新春芋煮会」にお招きいただきました。区民のふれあいの場
として昨年から始められたそうです。15年前のこの日の朝、阪神淡路大震災が起こりました。
この震災で得られた教訓の一つは、地域住民のつながりを大切にしていこうということでした。
子どもからお年寄りまで、みんなで笑って、食べて、楽しめる集い。大切にしたいものです。

新春芋煮会

2010年1月16日(土) 「但馬教組結成20周年祝賀パーティー」
但馬教職員組合の結成20周年を祝うパーティーにご招待をいただきました。
小・中学校と高校の違いはありますが、同じ教職員として頑張っている仲間です。
懐かしいお顔にもたくさん出会え、原点に戻って、また元気をいただきました。

但馬教組20周年祝賀パーティー

2010年1月10日(日) 「第26回 八鹿病院寄席」
新型インフル予防接種のため、会場が講堂から以前にやっていた研修室に変更になりました。
感染症の心配からか、お客さまの集まりがいつになく悪く、開演5分前に1人。あれれ!
せっかく広島から秋風亭てい朝さんが来てくださっているのに、ちょっと残念・・・と思いましたが、
でも、まぁ何とか約20人のお客さま。終演後、お客さまの声を聴くと、思ったより好評でした。

第26回八鹿病院寄席

2010年1月9日(土) 「第9回 ふれ愛亭」
広島から秋風亭てい朝さんをゲストに迎えての「初笑い!新春プラザ寄席」
今回はじめて昼間の開催となり、お客さまの入りを心配しましたが、満席になりました。
「ふれ愛亭」は今年5年目に入りました。ますます芸にみがきをかけて頑張ります。
終演後は、たんたん落語会の新年会で、日本海の幸を肴に大宴会。

トップページへトップページへ
「ちかごろの丹馬」に戻る「ちかごろの丹馬」へ       「ちょっとまえの丹馬」へ「ちょっとまえの丹馬」へ
「もっとまえの丹馬2009」へ「もっとまえの丹馬2009」へ    「もっとまえの丹馬2008」へ「もっとまえの丹馬2008」へ
「もっとまえの丹馬2007」へ「もっとまえの丹馬2007」へ    「もっとまえの丹馬2006」へ「もっとまえの丹馬2006」へ