タイトル画像

トップページへトップページへ
「ちょっとまえの丹馬」へ「ちょっとまえの丹馬」へ    「もっとまえの丹馬2010」へ「もっとまえの丹馬2010」へ
「もっとまえの丹馬2009」へ「もっとまえの丹馬2009」へ    「もっとまえの丹馬2008」へ「もっとまえの丹馬2008」へ
「もっとまえの丹馬2007」へ「もっとまえの丹馬2007」へ    「もっとまえの丹馬2006」へ「もっとまえの丹馬2006」へ

2011年10月23日(日) 養父市 「であいの里ふれあいまつり」
養父市関宮の旧出合小学校区の自治協議会からご招待いただきました。毎年開かれている
「ふれあいまつり」の第4回目になるそうです。津軽三味線の金澤流の皆さんとも初めてご
一緒させていただきました。民俗芸能が盛んな土地柄だけあって、お客さまは最初からノリ
が良くてとっても気持ちよくやらせていただきました。また、いつでもお声がけください。

であいの里ふれあいまつり

2011年10月1日(土)  「第11回 丹馬とその仲間たちの落語会」
今回のゲストは、池田市の五月家ちろりさん。そして、いつもの浜松市の春歌亭赤兵衛さん。さ
らに、八鹿高校放送部にも加わっていただきました。いつものホールではなく1Fの研修室で、
今回は初めて昼間の開催にしてみましたが、お客さまは約60人。何かとお忙しい中でのご来
場に感謝、感謝です。やはり夜のほうがいいのでしょうか。開催時期・時間帯について、いろい
ろ手探りが続きます。放送部制作のTVドキュメント「人を楽しませて自分も楽しむ」は、前田く
ん・秋山くんが丹馬に半年間密着取材をして、当日の朝に完成したものです。お客さまからい
ただいたアンケートには、放送部・森本葵さんのアナウンス、そして放送部制作のTVドキュメン
ト番組を賞賛する声が多数ありました。打ち上げは焼肉店で。落語談義に花が咲きました。落
語仲間との語らいは楽し。ちろりさん、赤兵衛さん、遠路はるばるありがとさん。お手伝いくだ
さった皆さん、ありがとさん。差し入れ、ご厚志をいただきました皆さん、ありがとさん。感謝!

第11回丹馬とその仲間たちの落語会

2011年9月25日(日) 朝来市 「元津区敬老会」
朝来市元津区から初めてお声掛けをいただきました。とっても素直な反応のよい皆さんで、気
持ちよく演らせていただきました。初公開の「お椀と茶碗」も、「頭でピアニカ」と同じくらい大
ウケでした。お世話していただいた「こぶしの会」の皆さん、ありがとうございました。感謝。

元津区敬老会

2011年9月23日(金・祝)  「第1回 永楽寄席・わいわい亭」
今年3月にスタートした「いずし落語笑学校」のメンバーがついに初高座を迎えました。開演4
時間前の3時から集まって入念な打ち合わせとリハを終えたものの、さてどれくらいお客さま
が入ってくださるものかと心配していましたが、メンバーの人望の厚さゆえか、何と約260人
のお客さまがご来場。となると、今度はネタの出来が心配になりました。が、皆とても初高座
とは思えない落ちつきぶりで、立派な初公演となりました。気をよくして、年2回の定期公演の
話も持ち上がってきました。いずし笑学校・渋谷校長の「出石の街を元気にしたい!」という思
いが、順調に一歩を踏み出したようです。「出石藩きもの祭り」共催イベント、大成功です。ホッ。

第1回わいわい亭

2011年9月19日(月・祝)午後  豊岡市「江本区敬老会」
午後の江本区は最初からノリノリです。若い方も加わって一緒に聴いていただくのがいいみ
たいです。女性が笑いを先導してくださいます。昼にもう一席別会場でやってきた河鹿さん
は何と本日3席目。大いに笑っていただいて、「来年もまた頼みます」という区長さんの声に
送られて会場を後にしました。こういう会場でできるネタを増やしていきたいと思います。

江本区敬老会

2011年9月19日(月・祝)午前  豊岡市「今森区敬老会」
豊岡市の今森区と江本区からは毎年、敬老の日にお声掛けを頂いていますが、今回は河鹿
さんも加わって3人でお邪魔しました。まずは午前中は今森区。準備体操でもやや固めで、
河鹿さんの客席参加型小噺でもなかなかほぐれず、河鹿さんの声がどんどん大きくなって
いきました。ピアニカ&ジョランペットで一緒に歌っていただき、やっとほぐれだしました。

今森区敬老会

2011年9月18日(日)  加西市「下若井町敬老ふれあいの集い」
加西市の介護事業所「どっこいしょ」のご紹介で、加西市の下若井町の敬老ふれあいの集い
にご招待いただきました。この会場は昨年の「ひとり暮らしの老人の集い」に続いて2回目で
す。約100人のお客さまに聞いていただきました。途中に「頭でピアニカ&ジョランペット」も
入れながら、3人で1時間半。お昼には女性会の皆さんによる手作りのお弁当も頂戴しました。

加西市下若井町

2011年9月11日(日)  「第36回八鹿病院寄席」
2か月に1回、奇数月の第2日曜日に開催してきた「八鹿病院寄席」がついに7年目に突入。新
型インフルエンザで1回中止になった以外は順調に続けてきた。2時開演だが、早い方は1時
半から会場にお越しいただき、それだけ期待して待っていてくださったのだと思うと嬉しい。

第36回八鹿病院寄席

2011年8月28日(日) 養父市八鹿町 「大森区納涼落語会」
養父市八鹿町大森区で「納涼落語会」を企画していただきました。大森区の交流促進センター
に集まっていただいた区民の皆さんは約20数名でしたが、倍くらいの人数の方がいらっしゃ
るのではないかと錯覚するくらいに最初から大きな声で笑ってもらえました。免疫力アップ!

大森区納涼落語会

2011年8月20日(土) 豊岡市日高町 「国府公民館人権講演会」
豊岡市日高町の国府公民館での「人権講演会」の講師としてお招きいただきました。「人権」
といっても固苦しく考えずにみんなで大声で笑って過ごせる社会こそ目指すべき社会と考
え、大いに笑っていただくことにしました。開口の小ん南さんからよく笑っていただき、当初
の目的は果たせたようです。小ん南さん、扁桃腺炎で熱があったのに頑張って出演。偉い!

国府公民館

2011年8月7日(日) 「第4回 さんあい亭全国素人名人会」
大屋を午前9時に出発し、播但有料道路・山陽自動車道を通って、三木市や移動。毎年来て
くださるお客様が多いようで、反応は年々良くなっている。栄歌さんの参加型落語にも大
きな声で応えていただいた。挨拶のタイミングなど、もっと綿密な打ち合わせが必要と感
じたが、噺のできとしては皆、上々。無事に落語三昧の3日間を締めくくることができた。

さんあい亭

2011年8月6日(土) 「第5回 落語inおおや!全国素人名人会」
午前中は明延鉱山の坑道見学。坑道内は寒いくらいだったが、藤尾さんのガイドは熱い。熱
弁に刺激されて「落語inおおや!」の本番に向かう。客席の両サイドにやや空席があったが
まずまずの入りか。開口の玄張さんから大きな笑いが起こる。上方落語が中心となったが、
新作・古典がミックスされ、紙切りもあり、バラエティ豊かな寄席になった。三味線3丁の下座
は迫力があり、お客さまにも好評であった。夜は、但馬牛、わはは牧場の新鮮な豚肉、高原
のプチトマト、大屋次郎に舌鼓を打ちながら交流会。・・・こんなに笑ったことがあったかな?


交流会

2011年8月5日(金) 「落語inおおや!出前寄席・筏」
もう1つの会場は若杉から車で約7分の距離の筏地区。こちらの公民館のほうが大きく、お客
さまの数も多い。こちらも反応は上々。紫よいさんの三味線、出演者が交代で打つ太鼓で、こ
ちらもナマのお囃子を楽しんでいただいた。開演は7時30分、終演は予定通り9時10分であっ
た。終演後、車座になってお茶をご馳走になり、おおやホールへ。そして宿舎のペンション、コ
テージへ。その後、8人で反省会。うち3人が「住吉駕籠」状態になったため、午前2時に就寝。

出前寄席・筏

2011年8月5日(金) 「落語inおおや!出前寄席・若杉」
「落語inおおや!全国素人名人会」の前夜祭として、今年も"2箇所ほぼ同時公演"の「出前
寄席」を開催。その会場の1つは2年前にも開催した若杉地区の公民館。まきぞうさんの三
味線、小ん南さんたちの太鼓で、ナマのお囃子を楽しんでいただいた。演者は15分間で噺
を終え、高座を下りたらすぐに筏会場へ移動。噺が長すぎても短すぎてもどちらかの高座
に穴があくところだったが、辛うじて穴があくこともなく完了。内容も好評だったようだ。

出前寄席 若杉

トップページへトップページへ
「ちょっとまえの丹馬」へ「ちょっとまえの丹馬」へ    「もっとまえの丹馬2010」へ「もっとまえの丹馬2010」へ
「もっとまえの丹馬2009」へ「もっとまえの丹馬2009」へ    「もっとまえの丹馬2008」へ「もっとまえの丹馬2008」へ
「もっとまえの丹馬2007」へ「もっとまえの丹馬2007」へ    「もっとまえの丹馬2006」へ「もっとまえの丹馬2006」へ